花粉の季節が本格的になってきました

こんにちは

花粉が今年は去年の4倍くらい飛ぶと予想され、苦労される方も多いと思います。
花粉やアレルギーなどで悩む方は、腸内環境をを整えると症状が少し緩和されるので少しずつ食べ物や運動などで整えていくと良いかと思いますので頑張って、みてください。
腸には、身体の大部分の免疫細胞が集まっています。腸内環境が悪くなると免疫力が低下して花粉やアレルギーに対して過剰に対応しようして症状が出るので腸内フローラを育てていってください。

足裏にも大腸・小腸などの反射区(ツボのようなもの)があるので、刺激をしてみてください。一緒に肺や鼻などの反射区も刺激してください。
腸内を活性化させて元気に春を乗り切れるように頑張りましょう。

蒸し生姜で身体を温める

蒸し生姜で芯から!身体を温める

生姜に含まれているジンゲロールという成分があります。この成分は末梢血管を拡張し血流をよくし、足先指先が温かくなってきます。ジンゲロールが加熱・乾燥で水分子のようなものが外れると、一部はショウガオールに成分が変化して性質も変わります。ショウガオールは身体の芯から温める成分です。これはショウガオールが胃腸の壁を直接刺激することで、血流が良くしなおかつ深部の熱を作り出します。
 したがって蒸し生姜はジンゲロールとショウガオール両方含むので、身体の内外両方温めるということです。ちなみにショウガオールの量は乾燥しただけの生姜の1.2倍で、乾燥しただけの生姜よりも34倍温かさを感じると言われます。

 

身体のサビ対策!活性酸素を除去する

ショオウガオールは身体を温めるだけでなく、活性酸素を除去する力も強いとされます。活性酸素というのは、身体の細胞をサビつかせてしまう人体に有害な酸素のことです。細胞がサビるというのは老化の原因になり、現代ではこの活性酸素の発生要因がかなり多いので除去できる成分というのはとても大切になってきます。 
 同じく活性酸素除去能力で有名なものに、若返りビタミンと呼ばれる「ビタミンE」があります。そのビタミンE3倍、活性酸素除去能力をショウガオールは持っています。

 

基礎代謝アップ!ダイエット効果

蒸し生姜の含むショウガオールが身体の深い部分から温めるということでしたが、この効果がダイエットにも繋がってくるようです。深部から身体を温めることで、まず体温が上がってくると言われます。蒸し生姜を1ヶ月摂取し続けると、だいたい1度くらい体温が上がります。体温が上がると基礎代謝量も上がります。
 基礎代謝は寝ているときも含め生命維持のために消費するエネルギーのことで、1日の消費エネルギーの約70%を占めます。つまりこの基礎代謝が高い人の方が、同じものを食べても痩せやすい身体なのです。したがって蒸し生姜を摂取して体温を上げていくことで、結果的に痩せやすい身体をつくることに繋がっていくということです。

したがって蒸し生姜を食べてから運動した方が、脂肪を効果的に燃焼できるということです。特に運動30分前に蒸し生姜を摂取すると、脂肪燃焼効果はより高まるとされています。

抗酸化作用が働くので、シミやシワの予防美肌効果も期待できます。

 

23gまで!蒸し生姜の1日の摂取量

蒸し生姜は刺激が強いので摂取量の目安があります。1日の摂取量は23gに、ティースプーン半分ほどにとどめておきましょう。胸焼けするような方は1gほどでも十分です。

 蒸し生姜に過度の摂取は、健康によいとされる生姜も健康を害する原因になってしまいます。例えば「胸やけの悪化」「血が止まりにくくなる」「下痢・胃腸のガスなどによる膨張感といった消化器官の不調」などに繋がります。さらに糖尿病の方は血糖値が低下したり、妊婦さんは11g以下の摂取でないと流産の原因になってしまう可能性があります。

元は漢方薬としての生姜の食べ方であることも考えて、摂取量は健康のために守るようにしましょう。